「木」は、良識、良心を育む環境の神です。(1)

世の中には、当然や必然、また成るべくして成り、あるべくして存在する事実があります。しかし、なぜか「小説よりも奇なり」のように、とても不思議な現象として、多くの人達は捉えています。

二十一世紀にかけ、科学技術は高度化し、人々は便利さと豊かさを享受し、謳歌することができました。

そのせいでしょうか、何千年もの歴史が証明し継承してきた伝統的原則(当然な出来事)を、まるで新しい発見、不思議なできごとであるかのように錯覚してしまうことが多いようです。

大自然は環境を創り、その環境によって万物は変化し、時には進化や退化を繰り返しながら、今、現在の姿が構築されています。その立役者として存在するのが、厳然と自然界を支配する神秘性を持つ「樹木(木)」であります。

NPO法人幸せな家庭環境をつくる会設立、社会の安心平和と子供達の幸福な将来のために活動を続けられた、冨田住宅研究所 冨田辰雄 冊子「当り前の真ん中の話」より

******************************************************************************************************

地元で永くお仕事をさせて頂いている工務店
ショールーム「樹のソムリエstudio」
幸せを生む住まいづくり
雨漏り、屋根点検、外壁塗装、リフォーム、新築相談 、大谷石塀補修、ドアの調整等ご相談承ります。


コメントを残す