どちらが喜んでもらえるかな?

IMG-0002
無垢の木のフローリング、今時は提案する会社が少なくなってきていますが、やはり、使い込んだ時のビンテージ感が違います。
時間が経つほど、いい落ち着きになっていく感じです。
その上、自然素材なので、本質的に働きが違います。
自然の調湿機能とか、触りごこちとか・・・
我が家には、複合のベニヤの上に、化粧板の床と、25年前に貼った無垢の木床の場所があるのですが、
子どもがゴロっとするのは、無垢の床の方なんですよね!
自然に違いが分かっちゃうんですね。
だから、今回もやはり、無垢の床材で提案していきたいと思います!



しあわせを生む住まいづくり!研鑽中!

IMG_1021
全国の「しあわせを生む住まいづくり」を手がける仲間たちと集まって、勉強をしています。
先代が残してくれた「住まいは、雨露をしのぐだけのものではない、住まいは人生を左右する」という言葉を実践すべく、知恵を絞る研修です。
家相とかではありません。
間取りや家づくりだからこそ、長くお付き合いできる大事な関係づくりを、実務の中で、どうお客様と一緒に作り上げていけるか?
お客様が住んでみて、やっぱりこれで良かったと思える住まい、「しあわせを生む住まい」を目指して、勉強中です!







裏木戸補修 完了!

IMG_1017

IMG_1138
「いつかやろうやろうと思っていたけど、なかなか手をつけられなくて。小さな仕事で悪いのだけど」
と、お声掛けていただいて、直してきました。
今時は、出来上がりの写真をスマホで送って、OKもらって完了です。
最近、工務店が減って、ちょっとを頼む先がなくて、との声を聞きます。
住まいのことは、暮らしの中にある、それぞれの感覚や価値観の違いもあります。
だからこそ、長い付き合いだから、やっていけると感じます。


読んでみたら家を建てたくなった、と!

先日、住まいの教室に参加された方が言ってくれました。
今風に言えば、ちょっと盛った!?と言いたいところですが、嬉しいです。
住まいが、暮らす人にどう影響を及ぼすか。
そのなんでが、この本「いい住まいは「間取り」と「素材」で決まる」に詰まっています。
分かりやすい!なるほど!
実例があるので、なんで間取りなのか?、いい家ってなんなのか?と思う方は、是非、手にとってみて下さい!image1