お客様の声

戸建耐震改修工事 三鷹市 Tさんご夫妻

「気になって、夜も眠れなくて。耐震の工事することしたんだ。」

何年か前に、市の簡易診断して大丈夫って言われたのに、今度、市の詳細の診断したら数字が全然違って、どうなってるんだと。連絡があって、伺うと、東日本大震災後、家のことが、気になって気になって仕方がないとTさん。
「耐震診断には、簡易と詳細があるんだね。こんなに数字が違うと不安になるよ」資料を見せながら訴える。

昭和56年前のマルトミで建てたお宅でしたが、三鷹市の助成を受けて耐震工事をすることに。診断は、三鷹市の設計士さん。
「工事は、やっぱりマルトミにお願いしたい」とお話しいただき工事に。
職人さんたちは、「懐かしいな―この家。自分が張ったタイルだよ。」「この屋根、覚えてる」と。次々懐かしがって。
始める前は、家がいつつぶれてもおかしくないくらいの不安があったTさん。

解体が始まって、家の基礎や、天井裏が見えてくると、安心されて「やらなくてもよかったかもの」「そおー」とつぶやく奥様と、振る舞い酒を出してくださって、気合の入いって。
職人さん「ここは、あの大工のIさんが入ったんだよね。道理でしっかりやってある。壊すの大変だよ」と。
先輩の仕事を垣間させて頂いた感じです。

今回の耐震工事は、 1階1間と 2階1間を、床、天井、壁をはがし、基礎を補強、筋違足し、金物で補強。

耐震工事 基礎補強と壁補強、屋根の改修が主。 ほかに家具の安心ラッチの取り付けなどがあげられます。公的な助成金を利用するか、しないかと、助成金の出る築年数があります。基本的には、金額の大きな工事になってしまうので、予算を決めて、できることをさせて頂くといった方法を取ることも多いです。

ホーミー教室参加された方の声

子ども部屋づくり 目黒 Oさん 戸建リフォーム

目黒 Oさんの子ども部屋づくり。建ててから「11年よ!すぐわかるのよ」と奥さん。
「竣工の時に、長男が6カ月だったから」(奥さん)
「ご長男さんと同じ年何ですね!」(私)

今回の工事のきっかけは・・

「この家作る時も、まだ、子どももいなくて、斎藤さんにお子さんが生まれたらと言われてプランニングしていても、へーっそうですかって感じだったんです。」
「将来お子さんが大きくなったら、ここを子ども部屋にしましょうとスペースだけ取っておきましょうと言われて、それもあーそうですかだったのですが、工事が始まって引っ越しす時には、長男が誕生していて、(笑)そろそろ勉強部屋と思ったので、部屋を作ってもらたんです。」(奥さん)
「さすが斎藤さん。アドバイスどおりですね(笑)」(私)
「本当にそうなんです。くすくす」「今回もひと部屋だけでなくて、ちょっとしたスペースを作ってもらえて助かりました。ちょっとものを隠しておけるところが欲しかったので」「図面で打合せしているときは、もっと小さく思えたのですが、出来たらこんなとこまで、木を貼ってもらって・・」(奥さん)
「うれしいですね!そう言っていただきありがとうございます、道又が聞いたらうれしがると思います。」「家の住み心地いかがですか?」「この窓の欄間がいいなーって思ってます。子どもが風邪をひいた時なんか、下の窓は閉めて、欄間だけ開けとくと違うんです。下を開けてしまうと、下の方に冷えが来るので。風の調整ができて、風通しが良くクーラーもかけること少ないかな・・」(奥さん)

と、お話しありがとうございました。
また、お会いできるの楽しみです。

目黒 Oさんの子ども部屋づくり

ゆるやか階段リフォーム 大田区 Yさん 戸建リフォーム 

「Y邸 絵のある暮らし、はつらつハウス」

マルトミホーム、窪寺真理さんよりネーミングして戴いた、「私達の家」6月末に着工し、9月10日引き渡しとなりました。誠に、工事に関係して下さった全ての方々に、又周囲から、いろいろとご親切にエネルギーを送って下さった全ての存在に、あらためて、「ありがとうございました。」と。幸福を素直に感じている昨今です。

施工に当って、まず会社を選んで決めなければなりませんでした。一番に声をかけて下さったのは、友人の藤原、池田さん姉妹でした。「今度、家を建てる時は、マルトミホームにしたい。」とハッキリとした一声でした。それは、木の香り、木の温もり、安心した自然環境の部屋でリラックス出来る、明るい家。そのものを、伝えたかったのだと、直ぐにわかりました。

工事が進行して行く内に、現場担当の窪寺真理さんを通じて、「木」に対する感性、感覚、それに付随して来る「家造り」に対する真姿な方行づけを知って、「完成度の高い目的に叶った家」がつぎつぎと描き出されて来るのが、ハッキリとわかりました。それは、とてもラッキーな瞬間、瞬間の継続でしたから。
リフォーム・・・仕立て直しete。人体の悪い部分を手術して、切り取ったり、交換したり、最先端医療は進んで細胞レベルまで操作したり、宇宙レベルまで夢の実現を拡げています。人類は何処から来て、何処へ行くのか?と言う話しになってしまいそうです。が。

なにしろ「私達の家=絵のある暮し はつらつハウス」は、完成して、来る人来る人、まだ来ていない人まで待っています。メパチクリさせて、ニコニコして喜んで下さいます。マルトミホームの皆さん「ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。」

ゆるやか階段リフォーム 大田区 Yさん 戸建リフォーム

-工事担当者からのコメント-

はつらつハウス 絵のある暮らし  
「ゆるやか階段」で家を使い続ける選択

今一件のお仕事が終わろうとしています。

施主様は今年4月に比較検討のための1社として出会いました。

木の家が大好きなマルトミを知る方からのご紹介で、
木造2階建てで、使っていない以前事務所スペースだった1階に生活スペースを移したいとご相談いただきました。

拝見させていただくと、急な階段が目に留まり、玄関のスペースも手狭なご様子。実は、ご主人が、階段で足を滑らせて肋骨を折ったことがあると。それは、何とかしなければ。
簡単にホーミー(住まい)教室にて「住まい方」の話をさせて頂きまました。
窓の向き、風の流れ、光の取り入れ方、使い勝手とゆるやか階段の話と。
現地調査をして、ふたを開けてみないと分からない部分もあるリフォームでしたので、仮説を立てさせていただきながら、提案とお見積りをさせて頂きました。

この時、何社かの建築会社さんにも相談されたようです。
結果、ご縁を頂き契約となりました。

降りるのが怖くない、ゆったり階段2段増やして、踊り場つけて、更に明るくなって

床を開けてみると、基礎は、思っていたよりもしっかりしており、何か所か柱や梁をを抱かせ補強し、排水管の勾配やり直し、基礎の補強と、これからもこの住まいでの安心して暮らして頂けるよう改修工事をさせて頂きました。とは言え、想定外のことも起こり、その都度、Yさんに相談。するとスパっと判断してくださるYさん。そして、「
きっかけ、きっかけを頂いたのよね」っといろんな経験談をして下さいました。人生の先輩としてのYさんご夫妻からこちらが、教わることが多かったです。

お会いすると、いつもこちらが元気を頂いて帰るそんなお仕事させていただきました。間取り計画の時に、階段の位置と玄関の広さ、そしてキッチンあーでもないこーでもないとの、打ち合わせが、今は、懐かしいです。ご縁に感謝しています。ありがとうございました。

違和感ない家大切だよね 久が原 Kさんご夫妻 戸建アフター工事 

お客さんとの対話 久が原 Kさんご夫妻と

「違和感ない家大切だよね。」っと、長いお付き合いになって35年久が原のKさん窓辺のテーブルにゆったりと腰掛けながら会話が弾む。

「南の窓から、北の窓まで抜けていくんですよ。」久しぶりに声を掛けて頂いてご主人に会えて 斉藤さんにっこり。
「(ここを建てるとき)教室行って、話を聞いて。今でもやってるの?(やってます!)動線作ってくれて、朝起きてから、どう行動するか線をひいてくれた。邪魔があるとストレスになるって。」っと笑いながら。
「非常に考えて作ってある」うん、とうなずかれ。斉藤も「(天井見ながら)ちょっと折り上げてあるだけで、雰囲気違うんですよね。」っと、当時を懐かしそうに。
「35年になるかー。この家が出来てから、隣に住んでいた両親が、遊びに来て、なかなか帰らないもんで、妻が、困ったなーなんて事もあって。(笑い)居心地良かったんですよね。最後は、この奥の部屋を母の部屋にして。」
「夏涼しく、冬暖かいし。」「でも、この仕事忍耐いるでしょ」っと。「楽しいみもありますよ。」「マルトミさんとは、展示所に行ってそれからずっとのお付き合い。人と人のあれで、僕は、Good willグッドウイル大事だと思うな。」
温かいお話しありがとうございました。

「両親が亡くなって、隣の70年前の建物を壊すの大変でした。」
「昔の建物は、バタって行くことはないなーと思った。」

久が原 Kさんご夫妻

ホーミー教室参加された方の声

貴重なお話ありがとうございました。
住宅イコール幸福、又幸福とは何なのか、という事を、今回深く考えさせられ、
大変勉強になりました。
更に住む環境が直接的に身体へ影響するという事をとても丁寧に分かり易く享受頂き、
これから将来、大切な家族を築くに当り、健康ほど重点的に考えるべきポイントはないと思いました。
多くを学ばせて頂き、重ねてお礼を申し上げます。

ホーミー教室参加された方の声